パンダの旅 2010

パンダの旅を綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃんがら3

お盆 2日目

じゃんがら3

今日も日差しが強く みんな汗だく
じゃんがら8
でも、その汗が良い!!  みんな水飲め!!

そんな僕らを お家の方総出で うちわで扇いでくれる
00512(1).jpg
申し訳ないです
でも、すごく涼しくなりました
こういう優しいやりとりが、好きです

お家の皆さんが、振舞ってくれました
何よりもスイカが好きな 僕は、志村並みの速さで食べます(こぼしたりはしませんよ)
じゃんがら12
おしぼりも冷たくしててくれて 気持ちよかった
 


みんなの祈り  そう、蘇ろう!!
じゃんがら13

遠くに見える いわきのシンボル マリンタワーに届くくらい叫んでやろう
DSC00013_20110818031856.jpg
汚染されてたまっかーって


こちらのお宅は、津波でおじいさんが亡くなられました
じゃんがら7
家はきれいに直てるけど 頭の高さまでの波が襲って来てたそうです

目の前が海 
じゃんがら5


寿命をまっとうできなく亡くなった方々
僕より若い方の供養もありました
残されたお家の方が我々の供養で涙し 
じゃんがら6
中学校時代に涙が出尽くし、それ以降悲しみの感情を押し殺して来た僕ですが

それを見て、僕も涙を流してしまった
じゃんがら4
今年は、例年とは違う ただの伝統芸能披露してるんじゃない


踊りや技術が下手なりに 弔う心は誰にも負けねーと
できるだけの 声と音をだす
じゃんがら10
影一つ見ても(仕草や動きの大きさで)気持ちがこもってるかか分かるんです
唯一、僕の写ってる写真でした 影ですけど

お家の方々が、離れたバスまでの見送り
じゃんがら
僕らにとって 最大の賛辞なんだと思います
また来るよとは言えないし 言いたくないけど
この子達が思い出として 僕らのじゃんがらを憶えてくれるといい
そして、彼らが大きくなって 自らじゃんがら伝統を次いでくれると尚いい







関連記事

コメント

一昨日は、お盆の送り火の日。仙台は松島の瑞巌寺の大施餓鬼会(おおせがきえ)と言う護摩供養に立ち会ってきた。50人の和尚さの読経と護摩の御炊き上げ、そして灯篭を海に流して死者をまた「あの世」へ送り出してやのかな。荘厳と言うかスピリチュアルな儀式の行われている松島海岸沿いの45号線で、暴走族の子供が警察と喧嘩をして騒いでいた。津波や家の倒壊で失われた命の尊さを教えてやっていない親の顔を想像した。だって、隣の東松山市では沢山の家が津波で流され、また沢山御犠牲者が出た事を彼らも知っているだろうに。

この世に無駄な命は無いと思っているが、そんな彼らに対し、「君が流されてしまえばよかったのに!」と殺意に似た気持ちになったのは、その前々日から三陸の惨状を目の当たりにしたにしたせいなんだろう。

皆が、この震災の被災者に対し、普段とは違った気持ちを持って、そして生き残れた人をサポートするだけではなく、まだ死ぬつもりの無かった2万人を越える人達の分も頑張って生きて行って欲しいと心から願います。

そうですよ。君の装束は心の中で思い描きました。君同様色んな行き方が有って良いのでしょうが、今は「雄々しく」全ての日本国民が生きなければならない、そんな時代が始まった所なんだろうって皆さん思ってください。ぱんだ、頑張れ!そして俺も頑張るから!

InnerWood・木内 さんへ

雄々しく 

そういきたいです!!



花火も賛否両論ですか・・・
私は神奈川県在住で、小名浜に大切なお友だちがいるので、震災後の
情報源としてパンダさんのブログを拝見していました。
小名浜が地震で揺れると、携帯にメールが来るようにしています。
当初は自粛ムードたっぷりで、地元の花火も中止は致し方なしと思って
いましたが、花火が江戸時代に亡くなった人の霊を慰めるために始まった
と知り、花火師さんのことも考えたら中止というのはかえってよくないのでは
と思うようになりました。
今朝もNHKのニュースで、久之浜のじゃんがらを紹介していましたが
母と一緒にさめざめ泣いてしまいました。
友人から聞いていたので、いわきの人にとってじゃんがらがとっても大切
なものだと知ってはいたけど、それが最近は尚一層よくわかったように
感じています。
どうかこれからも、若い人たちにしっかりと伝えていってくださいね。
茨城北部の地震が多くなっていますね。
そちらは近いから揺れるでしょう。
まだまだ油断できませんね。
一日も早く収束してくれるようにと毎日祈っているのですが・・・

ありがとパンダ さんへ

経済はいろんなところが回って成り立つので
自粛があればどこかしらが影響を受けてしまいますよね

難しい問題ですね

これが正解って答えは出せませんね


泣いてくれてありがとうございます
お母様にもよろしくお伝えください

いつも 応援ありがとう

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pandanotabi.blog89.fc2.com/tb.php/221-a50daeed

 | HOME | 

プロフィール

パンダ

Author:パンダ
旅行の時限定のくだらないブログでしたが
このたびの震災で、故郷福島県いわき市に戻りました
メディアに取り残されたいわきの状況報告と
支援してくださる皆様への安否確認としてブログ更新します

パンダかぶって、たまに旅してます   年賀状連動で一般に公開することに    なりました

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

パンダの時計


by Animal Web Clock

ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (166)
遺跡 (1)
子供 (3)
体験 (10)
移動 (9)
インド旅の準備 (11)
震災 (21)
いわきの実情 (24)
震災の中でも (29)
いわきの兆し (18)
お体の具合 (5)
尊敬できる人 (7)
意味無し (16)
友達 (7)
じゃんがら (4)
スコップ団 (28)
食べ物 (5)
ボランティア (6)
アウトドア (8)
美味いもの (2)
音楽 (0)
猫 (2)
景色 (1)
沖縄 (43)

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご来場数

2011.4.10からの

いま見てる人

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。