パンダの旅 2010

パンダの旅を綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山元町ボランティアキャンプ

永井ライナーは、東北道を北へ
1321783311335.jpg

4:23山元町役場到着
DSC01885.jpg

その一角にある ボランティアキャンプのテント
DSC01836.jpg

そこで暮らし活動してる方に、朝までご厄介しました
DSC01837 (1)
テントの中で、この火柱 でかいテントなので無問題


大爆笑な出来事のオンパレードで余り寝れなかったっす
車の中で寝れば良かったかもねっ


そして、夜が明けました
DSC01840.jpg
たくさんの人が、このテントに寝泊りしてボランティア作業を未だにしている現実がここにはあります

それでは集合場所の山下駅に向いましょう

スポンサーサイト

いちごの味は

12月14日 

今日は、宮城県亘理町に住み込みで復興作業に従事していた
Hydeさんから
DSC02361 (1)
いちごを頂きました

Hydeさんは、テント背負って宮城県や福島県南相馬に行って
自分のできることをと行動していた方です
宮城県で知り合って 住んでるところがなんとご近所だったというのは
ちょっとしてから知りました

Hydeさんのお手伝いした農家のおじさんが送ってくれたものです
DSC02360_20111219205709.jpg
僕が、もらってしまっていいのか?と思っちゃたんです
だって、彼は他のボランティアとは違って
日が登る朝5時から 夕方6時位までずっと作業してそれを何日も続けて 
ヘドロ掻きから始まって ハウス建設 苗植えとか
無給で働いた結晶を分けていただきましたから
それを、何もしてない僕が友達だからって分けてくれました
本当にありがとう

形や大きさの選定もありますが
これからクリスマスシーズンになるといちごの取引価格が倍になるそうです
クリスマスケーキの主役はいちごだからね 
間に合うのと間に合わなかったのでは、大きく収入がかわるから 
頑張ってシーズンに間に合わせられて良かったね

血と汗と涙の赤い結晶
DSC02365 (1)
いちごの味は「甘くて旨い」在り来りな表現しかできませんが、
変に、装飾することなく言うなら これしかないだろうと思います
糖度も高くて、定番の食べ方の「牛乳に浸して」や「練乳」ナシでいただきました

あれだけの災害後に、こんなに美味しいいちごができたことは
農家の方々の想像できない苦悩に負けずがんばって再建したこと
そして、忘れていけないのは
体一つで現地入りして 作業を協力支援した人たちがいたということだ

その次の日に載ったニュース
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/12/20111215t15015.htm


でも、頑張ってハウス再建していても、間に合わなかった
農家さんもいるのも事実です


今日紹介した Hydeさんは、現在東北6県のイルにネーションの撮影の旅をしております
その写真がブログに掲載されてます
http://blogs.yahoo.co.jp/ogasen25
その他 風景写真がたっぷりです
旅にでた気分になれるブログですので、興味があるかたはアクセスくださいませ


11日のこと 

1月11日のこと

かれこれしばらく前から
いつもどおりの事になって書かなくなってたけど
今回は、行く途中のトラブルがあったり
作業場所が、感慨深いところだったり
帰りもトラブルあったりしたので 

各事柄に分けて書いてみようと思います

11日のこと6 南相馬 仲町ボランティア活動センター

着きました
DSC02757.jpg
南相馬 仲町ボランティア活動センター

前に来た時は、中学校の体育館でしたが、
DSC02808.jpg

児童館に移転していました。
DSC02758.jpg


ここでセンター長を務める松本さん 去年の9月以来の再会
DSC02759.jpg
この人がいろいろ行政とかけ合ってくれてくれて ボラセン運営してるすごい人(声が蟹江敬三に劇似)

入り口
DSC02755.jpg
ここで受付とか いろいろします

休憩や食事はここで
DSC02752.jpg
炊飯器やポット、冷蔵庫もあるので自炊も可能です

そして注目すべきは 宿泊できる体制が整ってること
こういうボラセンってあるようでなかなかない 
DSC02753.jpg
二階の教室で寝泊り 布団もあります
畳を引いてるので底冷えも心配なし

ちなみに夏は、ここで
DSC09997_20120113043214.jpg

こんな感じで寝てました
DSC09994.jpg
あの時はコレでも極楽だったけど 今だと劇寒でしょうね あったかいところに移動してよかったね


また、女子には鍵つきのお部屋があり安心・安全です
これもすべて、松本さんが社協などと協議してできた賜物
決まりごとの多い行政ではできない芸当です

ボランティアしたくても 泊まるところがないという方は
是非、南相馬の仲町ボランティア活動センターへ行ってみてはいかがでしょう
こういうので選ぶのも有りだと思います  宿泊費馬鹿にならないから

7日から2週間ここで寝泊りしてる九州福岡の女性がいました
短期から長期まで受け入れOKだそうです
1人で来ても安心ですね

この日は、雪でこんなですが
DSC02756.jpg

いつもは、コレで
DSC02760.jpg
作業現場へ移動もしてるそうです

町中への買い物やお風呂など行くときにも使えるそうです
DSC02761.jpg
あっ お風呂はありません ご近所の入浴施設を利用します(割引券もらえます)

いくつものボランティアセンターを見ましたが
ここは、ボランティアに来る人に一番良い生活環境を提供してくれるセンターだと思います






11日のこと7 被害を受けた施設

今日の作業は「介護老人保健施設 ヨッシーランド」
雪が本格的に降ってますが、ここの構内の片付けなら 濡れずに出来ます

ここは海から約2km離れていますが、津波で全て流されてしまってます
うちのばーちゃんも、こういった介護施設におせわになってるので
他人事に思えない感情があります。



この施設では入所者30名の方が亡くなられたそうです
DSC02801 (1)
献花台の前で、松本さんの号令で1分間の黙祷

ある程度は片付いていますが、細かい部屋がまだ終わってない
DSC02777.jpg

我々、関東組み三人はここをキレイにする
DSC02763.jpg
カルテや書類 紙おむつなど日用品 レクレーションの品々などが保管されていた部屋

薄暗い中の作業
DSC02762.jpg

書類をまとめて
DSC02775.jpg

泥をかき出す
20120111125825(1).jpg
少人数は大変です

窓などないので、砂埃がすごい
DSC02794 (1)

あと片付け
DSC02798 (1)

外には車が
20120111131521(1)_20120113223832.jpg

大きい施設でした
20120111131546(1)_20120113223832.jpg

 | HOME |  »

プロフィール

パンダ

Author:パンダ
旅行の時限定のくだらないブログでしたが
このたびの震災で、故郷福島県いわき市に戻りました
メディアに取り残されたいわきの状況報告と
支援してくださる皆様への安否確認としてブログ更新します

パンダかぶって、たまに旅してます   年賀状連動で一般に公開することに    なりました

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

パンダの時計


by Animal Web Clock

ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (166)
遺跡 (1)
子供 (3)
体験 (10)
移動 (9)
インド旅の準備 (11)
震災 (21)
いわきの実情 (24)
震災の中でも (29)
いわきの兆し (18)
お体の具合 (5)
尊敬できる人 (7)
意味無し (16)
友達 (7)
じゃんがら (4)
スコップ団 (28)
食べ物 (5)
ボランティア (6)
アウトドア (8)
美味いもの (2)
音楽 (0)
猫 (2)
景色 (1)
沖縄 (43)

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご来場数

2011.4.10からの

いま見てる人

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。